ビッグデータ

ビッグデータ

皆さん、ビッグデータって知ってますか?

ビッグデータとは?

膨大かつ多様で複雑なデータのこと。インターネットを通じて個人が発する情報、コンビニエンスストアの購買情報カーナビゲーションのシステムの走行記録、医療機関電子カルテなど、日々生成されるデータの集合を指し、単に膨大なだけではなく、非定形でリアルタイムに増加、変化するという特徴を持ち合わせている。

このようなデータを扱う新たな手法の開発により、2010年前後から、産業学術行政防災などさまざまな分野で利活用が進み、意思決定や、将来予測事象分析が行われている。

ビッグデータを使用している有名な会社は、Google, Apple, Facebook, Amazonでこの4社の事を頭文字を取ってGAFA(ガーファ)と呼んでいる。

見ての通り、ビッグデータを使用している会社は、世界の市場を制している

ビッグデータを使用している会社が、どんどん上に上がっていく証拠動画です。

Googleは、地図・検索のビッグデータを制した。
Appleは、音楽・アプリビッグデータを制した。
Facebookは、人間関係・SNSビッグデータを制した。
Amazonは、ネット通販・物流ビッグデータを制した。

私の愛用しているスマートウォッチもビッグデータを使用しており、世界全人類対応型の人間の体のデータ生体バイオビッグデータであります。

よって、生体バイオビッグデータを使用している会社はトップレベルのGAFAに追いつき、追い越す可能性は大と考えられる。

ちなみに、日本でトップのトヨタは42位であり、金額にも大きな大きな開きがある。

 

ビッグデータを使用している会社使用してない会社の開きは一目瞭然である。