ビジネス

ビジネス

スマートウォッチビジネスとは?

やるなら今が大チャンスです。

スマートウォッチ、ウェアラブルウォッチのビッグデータ・AIを仕様分野は、総務省経済産業省新聞NHKニュース内閣府有名企業の社長などが今後一番伸びていくと言っています。

孫さんも言っています。

安倍総理も言っています。

総務省では生体情報や生活習慣病歴、遺伝等と連動した健康状態病気発症の予兆の高度な診断が81.5%で1位になっています。

 

内閣府では、人工知能(AI)ビッグデータ等の新たな技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れていくと発表しています。

 

経済産業省では、現状ルートではジリ貧になるので、転換ルートで世界のリーダーの様に新しい転換ルートをすすめています。

 

NHKニュースでは、収集した膨大なデータを活用し、デジタル市場で独占的な力を強めていると発表されている。
収集した膨大なデータとは、ビッグデータであります。

 

新聞では、心拍数や購買歴、預かって対価。
企業に提供石油並みの価値」と発表されています。

 

そしてこの新聞でも、「自宅で治験参加」医療にウェアラブル端末。
と発表されています。

アメリカ合衆国の経済誌 Forbesでは『ウェアラブルの市場は2020年までに340億ドル相当となります』
と発表しています。
そしてアメリカ合衆国のニュース雑誌 TIMEでは『好む好まざるに関わらずウェアラブルテクノロジーが人の人生を変えていくでしょう』
とも言っています。

 

この様に、時代の流れに沿っているビジネスが、ビッグデータAI予防医療で、その全てに関わっているビジネスが、スマートウォッチビジネスであります。

私達がスマートウォッチビジネスでする事は、自分でスマートウォッチを付けて生活をする。
そして、その時計を友達や家族、知り合いに紹介して付けてもらう。
(腕時計を付けてるだけでお金が入るんだって)

この2点のみです。

スマートウォッチで測った私たちの体のデータ急速に成長していて、毎月1億データポイントが追加される最も大きく、最も多様な多国籍生体データのひとつになりつつあります。
お金を払ってこれらのデータを求める企業多くあります。

そして、この生体データが改ざんされずにデータベースに編入される為に、ブロックチェーンを開発しました。

生体データ提供者に報酬として提供されるトークンとは、様々な方法でプロジェクトのエコシステムを強化するデジタルアセット。

その名は、Vyvoトークンであり、業界に急速な技術革命を起こします。

Vyvo社は、大学医療機関研究者統計調査会社と連携して、生体データを共有しデータ提供者のメンバーへのトークン割り当てに活用します。

世界195ヶ国に展開しており、日本人だけではなく世界中の人間が対象者である為、世界全人類に紹介する事が可能であります。

そして、今年は東京オリンピックもありますので世界中の人々が日本に来ますし、国は5Gを導入します。そうすると、遠隔治療や遠隔手術など医療の分野がどんどん広がっていきます

楽しみですね。

ビッグデータ・スマートウォッチビジネスに参加したい方はいますか?