未分類

AIに仕事を奪われる時代

色々な所で、AIが使われる様になってきました。そして、AIに仕事が奪われる時代になってきました。新聞や雑誌、あらゆる所でこう言われています。

ホワイトカラーの仕事もAIに取って代わられる。

AIに奪われやすい仕事、事務処理の作業。

2040年頃、今の仕事の8割くらいが消滅する。など

この様に、AIを取り入れない会社、ビジネスは閉店する可能性が高いと言われています。

では、どういう分野がのびて行くかというと、こう言われています。

生まれる・伸びる仕事は、予防医学です。

予防医学とは、文字の通り病気になる前に予防し、手遅れになる前に、医師からの最終宣告を受ける前に、早い段階で病気を見つけ治療したり、または自分で自分の健康を毎日保つ事です。

スマートウォッチビジネスは、AIも導入しており、予防医学の分野でもあり、ピッタリですね。

難病の解明、病気の事前予測をするためには、連続的リアルタイム生体データ=継続的生体データが必要であり、そのデータを取ろうと思ったら、病院で24時間寝たきりになるしかありません。

しかし、健康データを測るスマートウォッチがあれば24時間365日測れます

そして、病院が持ってるデータとは病気になった人のデータです。

スマートウォッチで測った世界中の人間のデータは、元気なデータ病気のデータ元気と病気の間のデータです。
そのデータで近い未来、難病の解明・病気の事前予測が可能になると言われています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です